2015年1月

毎回泉区に呼びつけられると出張撮影が待っています

毎回泉区に呼びつけられると出張撮影が待っています

(公開: 2015年1月24日 (土))

旦那の実家は泉区にあるのですが、やたらと行事が好きな舅・姑で、特に子供を授かってからは何かと言うと泉区に呼びつけられています。帯祝いや安産祈願に始まり、お七夜だの、命名式だの、初宮参りだのと言っては私を泉区に呼びつけ、出張 撮影 泉区を頼んで記念撮影。毎回結構疲れるのです。

まあそれでも子供の成長を出張カメラマンに撮影して貰えるのは嬉しいでしょうか。プロカメラマンが撮影する訳ですから額に飾りたくなるような写真に出来上がります。当然友達にも評判が良く、いつも羨ましがられますね。

義実家が呼ぶ出張撮影は料金も手頃らしいので、気兼ねなく撮影して貰えるのも良いところ。毎回義実家に赴くのは大変ですが、まあ良い写真ができると思うと最近はちょっと楽しみでもあります。


英語は最新の情報を知るために必要。

英語は最新の情報を知るために必要。

(公開: 2015年1月22日 (木))

昔から英語が好きでどこに行くにしても英語の教材を持って出かけていました。

英語を勉強する、学習しているというとみんなは学生でもあるまいし、

もう二度と見たくないわと言う人やよくがんばっているなあ、感心するわといわれま

す。

しかし、私は試験をうけたり英語のできることをアピールするために

頑張っているのではありません。

英語の文献の中には日本にはない最新の情報が山ほどあります。

もし、アメリカで何か新しい情報があった場合、それを訳して日本にはいってくると

したらどれぐらいの時間がかかるのでしょう。

でもじぶんですきな分野を英語で訳したらダイレクトで自分のものになります。

こちらのほうが断然早いのです。

文献でわからなければ英語の話せる人に聞けばいいのですから、

英会話はやはり必要なのです。学校の勉強のイメージで英語をいつまでも

考えるから日本人ってだめなのではないかなと思います。

新しい情報を手にして喜んでいるのは私だけだからいいのですけどね。

えん麦のちから